> TOPページ:伝七邸とは

明治二十九年から、
東洋紡創始者伊藤伝七の別邸として
利用されていた「伝七邸」は、
渋沢栄一をはじめとする多くの政財界の偉人や
文化人が集い、思いを巡らせた場所でした。
約六百坪の敷地に二階建ての木造建築と日本庭園を擁し、
玄関棟と切妻造りのさつき棟は、
国の登録有形文化財に登録されています。
熊谷喜八氏総合監修の
素材を活かした創作料理を介し、
人や文化が交流する料亭を目指して。
これまで百年以上も地域の象徴であり続けたこの場所で
これからの百年も物語を紡いでいきたい。

Contact
Instagram
「#伝七邸」で魅力を発見!